「ほら!おとなしくしろ!
 躾けの悪い犬だねお前は!」 
「あら、新しいオス犬ね。躾けを頼まれたの?」
「ええ、こいつの奥様から厳しく躾けて欲しい
 と頼まれたのよ。どうやらこいつ主人に黙って
 本を読んでいたらしいわ。」
「まあ!家畜の分際でとんでもない事をしたわね。」
「そのようね。オスに学など必要ないわ。オスは主人である
 女性の役に立つ事だけを考えていればいいのよ。」
「ほんとよね。オスに高等教育を与えてもどうせロクな
 事に使わないもの。オスは女性の生涯家畜として
 管理、飼育してやるのが一番よ。オスにとってもそれが
 一番幸せなはずよ。」
「オスはしょせん女性の家畜になるために生まれてくる
 生き物だもの。どんなオスでも少し躾けてやれば
 すぐに女性に従う悦びに目覚めるわ。卑しい本性には
 逆らえないのよ。ふふっ哀れなものよね。」
「こいつもそのうち四つん這いで嬉しそうに尻を振って
 ご主人様にお慈悲を請う哀れな家畜になるわ。
 ふふふ・・・それがオスの本性なんだもの。」
「あら、こいつもう可愛い声をあげるようになって
 きたわ。ふふっ」
「卑しい豚の本性には逆らえないのね。
 はやく可愛いオスになってご主人様のところへ
 帰りましょうね。ふふふ・・・」 

戻る 
動画 アダルト動画 ライブチャット