こちらの女性は私の妻である雅代です。私はごく
普通の、幸福で温かい家庭を築く事を夢見て、
3年前職場で知り合った雅代と結婚いたしました。
雅代はごく普通のおとなしい、優しい女性だったのです。

あぁでも・・・結婚式が終わり、新居に帰ってきた
その時、雅代は・・・雅代様はおっしゃられたのです。
「ふふふあぁ疲れた。お前そこに四つん這いに
 なって椅子になりなさい。」

私は雅代様が何をおっしゃっているのか理解できず、
その場に立ちつくしていると、
「なにを突っ立っているのっお前はっ
 身の程をわきまえなさいっ」

雅代様はそう叫び、私の顔をお殴りになられたのです。
ひ弱な私はひとたまりも無くふっとびました。
「なっなにをするんだっ」
まだ自分の運命を知らなかった私は身の程知らずに
も雅代様に抗議しました。
「ふふふ体にわからせてやったほうが早そうね。」
そうおっしゃた雅代様はわたしの上に馬乗りになり、
拳で私の顔が血まみれになるまで殴り続けたのです。
私は顔が変形するほどボロボロにされ雅代様には
とうていかなわないのだという事を知りました。
そのまま縛り上げられた私は、天井から吊るされて
気絶するほどの鞭を受けたのです。そして雅代様は
私のアナルをズボズボとぺ二バンで犯しながら、
「ほうら気持ちいいだろ犬。お前は一生家畜なのよ。よくわ
きまえなさい。ふふふ射精させてやろうね。」

とおっしゃられたのです。私は生まれて初めてアナルを犯され
ながらア〜ンと女の子のような声をあげて射精しました。
「お前を一生家畜マゾから抜け出せないようにしてあげる。嬉しい?」
それ以来雅代様に少しでも逆らうとどういう事になるかを
徹底的な暴力支配によって毎日体に教え込まれたのです。
いつしか私は雅代様の足下に土下座してひたすら
ご命令を待つ雅代様の家畜となっていきました。
あぁでも・・・今はとても幸せなのです。偉大な雅代様
を敬い、常に雅代様の幸福のみを考えて生きられる。うじ虫のような
卑小な私が、尊く大きな雅代様の一部になれる事がこんな
にも幸せな事だなんて。あぁ雅代様・・・
雅代様は毎朝お食事の後、私にこうしてご自分の一部を分け与えてくださいます。
「今日は体に塗ってみなさい。ちんぽもこすっていいわ。自分で出してごらん。」
「あぁっはいっありがとうございますっ」グチャッニチャグチャッ
あぁぁ〜〜〜雅代様〜雅代様の温かい分身に包まれてとても幸せですっ・・・あぁ〜〜なんていい匂いなんだ・・・あぁずっとこの香り
に包まれていたいです・・・あぁぁ〜一生雅代様の家畜になりますっあぁ〜〜雅代様〜〜〜あぁぁ〜〜あぁ〜〜ドピュッ
戻る 
動画 アダルト動画 ライブチャット