あぁはじめまして、わたしは奴隷犬のユキオです。
大学の教員をしていた私は3ヶ月ほど前、教え子であった
恵子様の足下に土下座し、どうか恵子様の奴隷にして
くださいっなんでもする家畜になりますっと家畜志願
いたしました。「ぷっ・・・じゃあとりあえず靴をなめて
綺麗にしてみなさい。」と恵子様はおっしゃって下さり、
それ以来、奴隷犬として厳しく躾けていただいています。
今日は特別に檻からだされ、恵子様に街中を引き回して
いただいています。ユキオはとても幸せです。
「はやく歩きなさいユキオ。もたもたしないの。」   
「ふぐぅーーー」(あぁーーご主人様ぁぁ)
「ふふっよだれたらして・・・嬉しいか?しょうがない犬だねぇ
 お前は。あら、向こうにカップルがいるわ。ちょうどいい。  
 お前のこの家畜姿を見てもらいましょう。」
「ふぐっ!んぐぅぅーーー」(あぁ!恥ずかしいですぅぅ)
「ほら!おとなしくなさい。ふふふ帰りたいのね?  
 だめよ、あきらなさい。お前はもう二度と戻れない家畜に
 されるのよ。友達と皆で共有の家畜奴隷にしてあげる。
 一生私達に犯されて、なぶりまわされ続けるのよ。
 ふふふ嬉しい?だからいつまでも自分が人間
 だと思っていてはいけないわ。はやく家畜の身分を
 わきまえるのよ。お前・・・・・・私に逆らうと
 どうなるか・・・わかっているな?」
「ふぐ!ふぐぅぅ!」(ひっおっお許しをーーーお許しをををーー)
「ふふふそれでいいのよ。とても家畜らしい卑しい態度だわ。ふふふ。
 さあ四つん這いになりなさい。・・・よしよしいい格好ねぇ。  
 お前にとてもよく似合うわよ。ほらっ尻を振って飼い主様に
 お礼なさいっ。」
「ふぐぅぅぅ」(あぁーん御主人様ありがとうございますっあぁ
 あぁんちんぽ汁もれちゃうぅー)  
「あはははっ無様ねぇ。さあ行くわよ。あのカップルにお前の家畜姿を
 見てもらいましょうね。そうだわ!ふふふあの男性のちんぽを
 おしゃぶりさせていただきなさい。いやらしい音をたてて美味しそう
 におしゃぶりするのよ。きっとお前にちんぽ汁を飲ませてくれるわ。
 射精してくれたら、ありがとうございますときちんと土下座してお礼
 なさい。それが家畜の態度というものよ。うふふふお前はもう堕ちる  
 ところまで堕ちるしかないのよ。楽しみだわ。ほらっ歩きなさいっ」ピシャッ
(ひいっご主人様っユキオはいっぱいちんぽ汁飲みますっ)
戻る 
動画 アダルト動画 ライブチャット