「ほらポチ!!ちゃんと上げ下げするんだよ!
 お前の玉袋伸ばしてやってるんだから!さぼる
 んじゃないよ!」
「ふぐぅぅふぐぅぅ」
「あはははっそうよ」
「ふふふ・・・えらいぞポチ」
「お前の玉もだいぶ伸びるようになったねぇほら」
「ふぐっ!」ピュッ
「ぷっこのバカ犬もらしたわ。ほんとに哀れな
 うじ虫だねぇお前は。」
「ふふふ・・・こいつもだいぶ自分の卑しい身分が
 わかってきたみたいだし、そろそろ便器として
 教育しようと思うんだけどどうかしら。」
「そうね。そろそろいいかもしれないわね。さあ・・・
 お前はもう二度と人間には戻れないのよ。
 卑しいお前はこの先、尊い女性の家畜として
 のみ生きる事が許されるの。喜びなさい。お前の
 ような卑しいうじ虫が女性にご奉仕することを
 許されるのよ。卑しい身分をわすれず一生女性
 に奉仕なさい。」
「ふぐぅぅうぅ」
「あら涙ながして喜んでるわこいつ・・・いい子ねふふふ」
「オスは女性に奉仕するために生まれてくる哀れな
 生き物だもの。お前も早くもらって下さる女性に会える
 といいわねぇ。幸せになるのよ。」

戻る 
動画 アダルト動画 ライブチャット