「先生、校長を散歩させてきます。」
「お願いね。ふふっもうすっかり家畜になったようね。
 あらあら!もうちんぽ汁もらしてるじゃないの。しょう
 のないオス豚だこと。くくく。」
「こいつ散歩中に女生徒に笑われるたびに嬉しそう
 にちんちんするんですよ。ほんとは女生徒の足下
 に行って靴を舐めたいんじゃないですか。」
「そう・・・じゃあこれからはそうさせてやりなさい。
 オスは女性の靴を喜んで舐める卑しい家畜だと
 うちの女生徒達もよくわかるでしょう。」
「わかりました先生、ほら!行くぞ!」ピシッ
「ふぐぅぉぉぉぉーー!」
「ふふ鞭がうれしいんだねお前。ほら!鞭を
 もらったらどうするって教えた?」
「ふぐぅぅふぐぅぅ」
「あははっよしよし、えらいぞ。そうやってちんちんして
 ちゃんと飼い主様にお礼するのよ。わかったな!」ビシッ
「ふごぉおおおおお!」
「くくく・・・なんてあさましい姿なのかしら。尻の穴まで
 丸見えの姿で喜んでるわ。こんな卑しい豚は校庭の
 家畜小屋にいれておくことにしましょう。
 餌は女生徒達の下げるモノを与えてやろうねぇ。ふふふ・・・」

戻る 
動画 アダルト動画 ライブチャット