私の名前は剛山 泰造。今、この国の言論界
において知らぬ物はいない評論家だ。
私の歴史と伝統を重んじた確固たる価値観に
裏打ちされた重厚な評論は、いまやこの国の
指針として欠くことの出来ないものだ。
先日、国家の教育評議会の委員長という重職
への就任を依頼され、私は快諾した。
私も多くの賢人同様、この国の未来を深く憂いて
いる。教育こそ国の根幹であり、もっとも重視す
べきものだ。そして今、その教育を担うこの私の
双肩に国の未来がかかっているのだ。
それにしても最近の女達のしつけの悪さには
辟易する。子供の頃からきちんと教育されて
ないからああいう生意気で礼儀知らずな女に
なるのだ。まったく嘆かわしい。
早速次回の評議会において婦女子の教育の
あり方について議論し、指針を出さねばいかん。
この私が世の女達をきちんと教育してやらねば。
まったく私がいなければいったいこの国はどう
なってしまうのだ。想像するだけで戦慄を覚える。

さて今日は戦士の休息だ・・ 「まあ先生、またいらして
下さったのね。うれしいわ。 え・・さっそくあれが
したいの・・ふふふ・・困った先生ね。」
動画 アダルト動画 ライブチャット