長い伝統のある名家に婿養子として迎えられた
私は、妻の美代子様を心から尊敬し、お慕いし
ておりました。結婚当初から美代子様の身の回り
をお世話を全て私がさせて頂き、美代子様にお
仕えする悦びに心から幸せを感じていました。
だから結婚2年目のある日、美代子様が「良く聞き
なさいマサユキ、今日からはお前を私の犬として
扱うことにしたわ。これからは私の犬となって、生
きなさい。今日から早速訓練してあげる。いいわね。」
とおっしゃったときは驚きよりも嬉しさでいっぱい
だったのです。それからは文字通り犬としての訓練
を受け、今では身も心も完全に美代子様の犬となる
事ができました。今でも一日一回、家の広い庭で
美代子様は私を散歩させてくださいます。私は美代
子様が首輪を引いてくださる幸せに興奮状態になり、
いつもワンワンワンワン夢中で吠えてしまいます。
そんな私にも美代子様は「ふふふ・・ほらポチ、
だめよ興奮しては。ほらチンチンは?」と優しくたし
なめてくださるのです。美代子様は仏様のような
お方です。今は美代子様に犬便器として使って頂け
るよう訓練を受けています。あぁ美代子様の便器
になれるなんて夢のようです。一日も早く使いやすい
犬便器になって美代子様に気持ち良くお使い頂ける
ようになりたいです。「さあポチ、今日も便器の練習を
しましょうね。いらっしゃい、ほらチンチンおし。」「ワン!」「うふふ・・よしよし」
動画 アダルト動画 ライブチャット