「あら・・・この豚売れ残ったの?」
「ええ、たいした特長もない豚ですから。」
「そうねぇ・・・でも便器としてなら欲しがる方も
 いらっしゃるんじゃないかしら。」
「便器としても競売にかけたのですが今回は
 家畜便器をお求めの女性がいらっしゃら
 なくて値がつきませんでした。」
「そう・・・困ったわねぇ・・・飼育所は満杯だし・・・」
「処分しますか?」
 ”ぶひぃー!ぶひぃー!”
「ぷっ・・・この豚命乞いしてるみたいですよ社長。」
「ふふふ・・・可愛いじゃないの・・・ほらっ!(ピシッ)
 助けて欲しかったら飼育係様にお願いしてみなさい!(ピシッ)」
 ”ぶひぶひぶひぃー(涙)ぶひぃー(涙)”
「・・・どうします?」
「ふふっ・・・まあ悪い子ではないし、次の競売
 まで家畜小屋の便所につないでおきましょう。
 餌は他の家畜の排泄物で間に合うでしょう。」 
「わかりました。ほら!社長がお前のような豚に
 お慈悲を与えてくださったんだぞ!お礼をしなさい!!」
「ふふっ無理よ・・・豚に人間様の礼儀が分かる
 わけはないし。それに豚は豚らしくあさましい
 方が可愛いものよ。」
「はい社長。この豚は幸せものですね。」
「哀れな生まれのオスには慈悲の心を持って接して
 やらなければ。私達女性が正しく導き、立派な
 家畜にしてやらなければならないのよ。」
「はい!社長。」


戻る
動画 アダルト動画 ライブチャット